【出会い】マッチングアプリ「Tinder」を使ってみた感想

tinder-chat
 
田舎暮らしの出不精には出会いがない。
 
そこで、マッチングアプリ「Tinder」を使ってみました。オタマです、こんにちは!
 
 
こんな田舎に引きこもっていては出会うことはほぼ皆無です。面白い人と話したいのにそもそも出会えません。
 
そこで今日は、アメリカで大流行しているマッチングアプリ「Tinder」を利用してみて良かったこと・悪かったことを書いてみようと思います。
 

Tinderってなに?

what-is-tinder
 
まずこのTinder(ティンダー)アメリカのマッチングアプリです。
 
本場アメリカでは大流行していて、最近もアメリカでは「恋人がTinderを使っているか確かめるアプリ」までリリースされたくらい、話題のアプリです。
 
 
使い方は、異性の写真が表示されるので見た目とプロフィールを読んで気に入れば右にスワイプ(orハートマークをクリック)、興味がなければ左にスワイプ(orバツマークをクリック)します。
 
真ん中にスーパーライクという星マークがあるのですが、それは相手がスワイプするときにこちらが既に気に入っていることを表示してくれます。
 
そんな感じで写真を見ながらほぼ直感(!?)でサクサクとスワイプ。
 
すると既に相手も気に入ってくれていたらマッチとなり、チャットで話せるようになります。
(説明がわかりにくいと思うので、詳しくはアプリを検索してみてください!)
 
最近はFacebookと連携したので共通の友人も出てくるようになりました。
 
 
海外ではインターネットで出会いを探すことが日本よりも一般的なので、なんの抵抗もなく利用している方が多いように感じます。
 
 
それでなのか、外国人の方の登録がとても多いのが特徴。
 
数年前までは日本人の登録がすごく少なかったのですが最近は日本人の登録も増え、しかも高学歴や大手企業、肩書きが社長など、エリートっぽい方を多く見かけるようになりました。
 
 
何を隠そう、友人Mちゃんに勧められたのをきっかけに、わたしは3年ほど前からTinderユーザーなのです!
 
目的は出会い。
 
ネット上には賛否両論ありますが実際に使ってみてどう感じたか、いまから率直に述べたいと思います。
 
 

Tinderを使って良かったこと

tinder-good
 
Tinderを使って良かったこと、それはなんと言っても外国人と出会えること!
 
英語でのチャットが気軽にできること。
 
いろんな国の方が登録しているので、海外に興味のある方はとても面白いと思います。
 
 
ただ、真剣交際に発展する確率は非常に少ないと感じます。
 
三大欲求満たし的な部分が多いです。
 
でもそれもその人次第な部分が大きいので一概には言えませんが、可能性は高いです。
 
 
それも踏まえた上でチャットや会うに至ります。
(わたしは楽しく話せる人を求めているのでニーズと合わなければマッチを解除します)
 
 
よく、マッチングアプリって危険じゃない?と聞かれることがあるのですが、自分が流されなければ(&見抜ければ)そこまで危険ではないと思います。
 
ちなみにわたしの場合はチャットの時点である程度確認し、インドで利用していた時は自分の行きつけの店で会うようにするか、友人と飲んでいる場に来てもらうようにしていました。
 
 
日本ではあまり危険な場面に遭遇していない(礼儀正しい方が多い)ので気にせず会うことが多いです。
 
でもま、草食男子が多いとは言われていますが男性には変わりないので、危機管理はしっかりした方がいいと思います。
 
結局傷つくのは女性ですからね。自分の身は自分で守りましょう!
 
 
実はインドに行くことになったのも、出会いはTinderでした。
(ちなみに日本人男性です!)
 
ベンチャーの社長さん。こんな出会いもあるのです。
 
 
先日はTinder経由で2名の方とお会いしましたが、お二人とも面白くて、すっごい楽しかったです!
 
普通に会って話せる出会いも結構あります。相手の目的は様々でしょうけど。笑
 
そこで迫られて気分が良ければ次へ進んだらいいのではないでしょうか?もちろん自己責任で!
 
 
うまく利用できれば空いている時間が楽しく過ごせるし、新しい人と出会えるので、別に危険でも悪いものでもないと思います。
 
 

Tinderを使って悪かったこと

tinder-notgood
 
Tinderを使って悪かったこと・・・それはもう、目的のアンマッチでしょう!
 
それに尽きます。
 
 
体目的はもちろん、ネットワークビジネスの勧誘など。
 
 
最初から言ってくれてればわざわざ行かなかったのにーみたいなことも何度かありました。
 
だってお互いの目的が違えば時間の無駄じゃないですか。そして会ってすぐにはその溝は埋められない。笑
 
 
それでなのか、最近ではプロフィールに何を目的にしているのか書いている方もいらっしゃいます。
(海外の方は結構多いです。日本の方でも最近は多いです。)
 
というか、プロフィール欄での自己申告制より、設定かなにかでチェックマークでも付けられるようになればいいのに!
 
せっかくいいアプリなので、需要と供給が明確で目的の合う人同士がパシッと出会えるようになればいいのになーと思います。
 
 
というわけで、Tinderを使って悪かったことは目的のアンマッチです。
 
お互いにきちんとコミュニケーションを取ってから会えることができれば、楽しい時間が過ごせそうです。
 
 

まとめ

 
結論から言います。
 
Tinderは手っ取り早く知り合えるのでとても楽。よって、わたしはTinderのアプリが好きです!
 
しかも海外の方と気軽にお話出来るので英語の勉強にもなる!
(ボキャブラリーは使って増やすタイプ)
 
 
危険だと思えば止めればいいし、いいなーと思えば会えばいいと思います。
 
みんながみんな、欲まみれな人ではないです。(ま、多いですが。笑)
 
そして別に、欲があることは悪いことではないと思っています。三大欲求だから仕方ない!人間だもの。
 
 
というわけで、いろんな出会いが転がっているので面白いアプリだと思います。
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です