【人間関係の断捨離をしてから5年】良かったことと悲しかったこと

stress free 768x512
 

オタマ

人間関係に疲れた・・・断捨離したい・・・
最近では実際の人間関係に加え、SNSに疲れている人も多く見かけます。
 
一度繋がるとなかなか切れないのが人間関係ですよね。
 
 
世間の断捨離ブームに乗っかって勢いよくモノを捨てるのは簡単ですが、人間関係となると一気にハードルが上がります。
 
そして、やり方を間違えると後悔するかもしれません。
 
 
 
ちなみにわたしは5年前に人間関係の断捨離をしました。
 
高校・大学と仲の良かったコミュニティを全て切り捨てました。
 
理由は「馴れ合いの付き合いに疲れたから」です。
 
 
今思えばもっといいやり方があったのではないかと少し後悔もしています。
 
 
そこで、本記事ではわたしのように人間関係の断捨離で後悔をしないためにも、人間関係の断捨離をして良かったことと悲しかったことをお伝えしたいと思います。
 
 
後半には円満に人間関係の断捨離をするためのポイントも紹介しています。
 
スポンサーリンク

人間関係の断捨離をして良かったこと

stress free 768x512
 
人間関係の断捨離は自分の人生をコントロールするためには必要なことなのではないかと思っています。
 
断捨離をした後は、想像以上に生きやすくなりました。
 

付き合う人が変わった

 
人間関係の断捨離をして一番の良かったことは付き合う人が変わったことかなと思っています。
 
人間関係を見直したことで、「一緒にいたら心地いいな」「刺激的だな」「勉強になるな」と思える人とだけ過ごすことができるようになりました。
 
会ったあとに前向きな気持ちになれる人間関係ばかりになったことは、わたしにとって最高に幸せなことだと感じています。
 
また、相手のレベルに合わせた人間になろう!と心がけることができるので自分の成長にも繋がっています。
 

自分の時間が増えた

 
馴れ合いの付き合いを全て捨てたおかげで自分の時間が増えました。
 
人間関係の断捨離をする前は「断れないから行く」ということが多々ありました。
 
わたしと同じように「断れない」という方、結構いらっしゃるのではないでしょうか。
 
あまり会いたくないと感じる人間関係を見直したことで、驚くほど自分の時間が増え、好きなことに時間を使えるようになりました。
 

人間関係のストレスがなくなった

 
心地良いと感じる人間関係ばかりになったおかげで人間関係でのストレスがなくなりました。
 
これってかなり生きやすくて、面倒くさいやりとりやマウンティング、忖度から開放されます。
 
学生時代はスクールカーストを生き抜くために必死になって友達作りをしていましたが、人間関係の断捨離後は付き合う人を慎重に選ぶようになりました。
 

スポンサーリンク

人間関係の断捨離をして悲しかったこと

bocchi 768x512
 
今までの環境を断ち切ることになるので、やはり痛みは伴います。
 
それでも人間関係の断捨離はやってよかったなと思います。
 
ただ、数年経った今でも心に残ったしこりのようなものは取り除けていません。
 

ふと会いたくなっても気軽に連絡が取れない

 
5年経った今、ふと旧友の近況が気になったりすることがあります。
  
元気かな?結婚したのかな?仕事は順調なのかな?今もみんなで集まってるのかな?etc
 
でも残念なことに、連絡先がわからないので聞くことができません。
 
だからと言って、友人伝いに連絡先を聞き連絡を取るのか?と言われれば「NO」なのですが、ふと元気にしているのか気になる時があります。
 

過去の思い出話をすることができない

  
過去のコミュニティーをばっさり断捨離してしまったわたしは、過去の思い出話をする友人がいません。
 
「あの時さ~!」みたいな会話をすることはおそらくこの先もないでしょう。
 
過去の楽しかった思い出を共有できない苦しみは、断捨離をしてみないとわかりませんでした。
 
 
後悔先に立たずです。
 
 
あの時の楽しかった思い出は一生胸の内にしまうことになりそうです。
 

合わす顔がない

 
おそらく人間関係の断捨離のやり方を間違ったため、わたしは旧友たちに合わす顔がありません。
 
「いったいどんなやり方をしたの・・・」と気になる方のために、次の項目で絶対にしてはいけない人間関係の断捨離方法をご紹介したいと思います。
 

絶対にしてはいけない人間関係の断捨離方法

 
わたしと同じ道を歩まぬよう、人間関係の断捨離をする際の注意点をお伝えします。
 

ドタキャンを最後に連絡を断ち切ってはいけない

 
わたしの場合は友人の結婚式をドタキャンしました。
 
しかも事前に日程がわかっていたにも関わらず、海外旅行(一人旅)の予定を入れる、という超絶感じの悪い断り方でした。
 
その友人がどれほど大切にしていた結婚式かと思うと、今でも心が痛みます。
 
ドタキャンはかなり失礼なので、行けない場合は事前にきちんと断るべきでした。
 

「もう誘わないで!」と突き放してはいけない

 
わたしのようなキツイ言い方をしても誰も幸せにはなりません。
 
その都度失礼なく断っていれば、円満にフェードアウトできたのではないかと思います。
 
 
以上を踏まえて円満に人間関係の断捨離をするためのポイントがこちら。

  • 自然にフェードアウトするよう心がける。
  • いきなり全てを切ろうとしない。
  • コミュニティ全てを切る必要はない。


これから人間関係の断捨離に踏み切ろうかと検討中の方は、誰も傷つかない方法でされることをおすすめします。
 
スポンサーリンク

さいごに

enmanni 768x512
 
わたしは人間関係の断捨離賛成派です。
 
ただ、わたしのような【悲しかったこと】を体験するかもしれません。
 
 
ですので、これから人間関係を見直そうかな?と思っている方は少し冷静になり、慎重に進めることをおすすめします。
 
 
「悲しかったことって言うけど自業自得じゃん!」と言われればそれまでなのですが、得るものもあれば失うものもあるよ!ということが伝わればいいなぁと思ってこの記事を書きました。
 
 
これから人間関係を見直そうかな?と思っている方の参考になれば幸いです。
 
うまく取捨選択して生きやすい人生をカスタマイズしていきましょう!
 
寂しくなったらわたしがいますので、ぜひ話しかけてくださいね。
 
 
断捨離はまずは服から始めましょう!
throw-clothes 768x512【断捨離入門】まずは服から始めよう!服の捨て方をレベル別で解説! 人間関係は必ず一番最後です!後悔先に立たずです!
 

スポンサーリンク

4 Comments

パイン

私も以前に仲良かった友人と切れてしまったことがあります。
こちらの記事を読んで、でも、あのときの私にとっては、必要なことだったんだなと、思えました、ありがとうございます(*´-`)
あのまま無理して、相手の望むよい友人の私を続けるのは
無理だったなぁ~と、改めて思いました。

返信する
オタマ

パイン様
コメントありがとうございます^^
パイン様のように共感してくださる方がいらっしゃると、とても励みになり、私自身も報われます。ありがとうございます。
きっと、その時の自分に必要な人と出会うように出来ていて、その縁から十分楽しませてもらった末に疎遠になっていくのかな、と思うようになりました。
きっと、縁を切ることは心が痛かったことと思います。お気持ちとってもわかります。
これからも良縁に恵まれる人生になることを心より願っております。
またいつでも覗きにきてくださいね^^

返信する
紫陽花

断捨離をし始めて、人間関係の断捨離にたどり着いてしまいました。このサイトが今の自分にぴったりだなと頷いてしまいました。いままでの人生を振り返ると十分にその縁で楽しませてもらった末に疎遠になるというのはまさに・・・です。絶対にしてはいけない断捨離法をしてしまおうとおもいつつ悩んでましたが、そうですね、自然にフェードアウトしていきます。それがその縁に対する感謝かもしれませんね。ありがとうございました。

返信する
オタマ

紫陽花様
こんにちは!コメントありがとうございます^^
人間関係の断捨離・・・悩みますよね。とっっってもお気持ちわかります。
私はブツッと縁を切ってしまい、心の中にシコリのような物が残りました。
恨まれているかなぁ?今更連絡なんてできないな・・・と。(まぁ連絡先も知らないのですけどね。)
その点、自然なフェードアウトは数年後にふらっと連絡を取りたくなった時、勇気はいるけど自然な形で再会も可能だと思います。
今までの感謝を込めて、スーーーーーーっとフェードアウトして、新たな縁で自分の人生を豊かにしていきたいですね!きっと大丈夫です^^
紫陽花様はきっととってもお優しい方ですね。自分の人生を最優先に生きられてくださいね。(偉そうにごめんなさい)またいつでもコメントお待ちしております^^

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です