【HSP】気にしすぎて疲れるetc..HSPの特徴をまとめてみました

HSP tokucyou 768x512
 
HSP(過敏性症候群)という言葉を最近知り、しかも自分が該当していることに最近気付いたオタマです、こんにちは!
 
 
最近メディアで特集されることも多くなった「HSP」。
 
今回はHSP(過敏性症候群)について、症状や特徴、自身の体験も含め書いていこうと思います。
 

スポンサーリンク

HSPってなに?

 

HSPとは
アメリカの心理学者であるエレイン・N・アーロン氏が提唱した概念で、ハイリー・センシティブ・パーソン(Highly sensitive person)の略。
さまざまな刺激に過剰に反応してしまう「高度な感覚処理感受性」と呼ばれる気質および、そうした気質を先天的に有する人を言う言葉です。
 
どこの社会でも5人に1人、つまり15%~20%いると言われています。
 
意外に多いな、と思いませんか?
 
自分と似たような感覚の人が5人に1人もいるのかと思うと少し気持ちも楽になりました。
 
それと同時にHSP側の人を見つけるのが少し楽しくなっている今日この頃。
 
 
ちなみにHSPの主な特徴は・・・
  • 刺激に敏感・・・音や光、感触といった五感に敏感。相手の感情や雰囲気など目に見えないエネルギーに対しても敏感に反応してしまう。
  • 心の境界線が薄い、もろい・・・簡単に相手から影響を受けてしまう。深く共感する、と言う良い面もあるが、相手の気分や感情に引きづられて自分を見失いがちになる。
  • 疲れやすい・・・刺激に敏感である故に疲れやすい。常に人に気を遣っているためヘトヘトになりやすい。
  • 自己否定が強い・・・相手のことを気にするあまり、自分が悪いのではないか?とネガティブに考えがち。
わたし自身の感覚で言うと・・・
  • 人の気持ちにとても敏感(負の感情を感じ取る能力は異常)
  • 感情移入しすぎて疲れる
  • TVや映画の戦いのシーンが苦手
  • 少しの敵意も気付いてしまうetc…
 
自分がHSPだと気付く前は性格かと思っていたのですが、どうやら違いました。
 
これは生まれ持った気質で、「種を守る」ために存在しているそうです。
 
しかもどんな生き物にもある一定数存在していて、いち早く危険を察知してみんなに知らせる役目を果たしているのだとか。
 
 
それにしてもこのHSPと言う気質、すでに30年以上付き合っておりますが、まだまだ扱いきれておりません。
 
次に、HSPのわたしが日々感じているHSPあるあるをご紹介したいと思います。
 
参考 HSP診断テストHSP診断テスト  
 

HSPあるある

HSP tsurai 768x512

人に合わせすぎる

 
常に人の顔色を伺ったり、言葉の裏をかいたりしてしまいます。
 
おかげで口癖は「なんでも良いよ、わたしやるよ、いいよいいよ etc・・・」。
 
そして自分で引き受けておきながら、一人になった途端「なんだかなーモード」になります。笑
 
全ては引き受けたり人に合わせすぎる自分が悪いのですが、なかなか上手くやり過ごせないと言うか、なんと言うか。。
 
 
そんな自分が嫌になり、断捨離で人間関係も見直しました。HSPと断捨離って、少し関係あるのでは!?と思っている最近。
 
人間関係の断捨離もおすすめです。
 

感情移入しすぎる

 
テレビや映画の登場人物に、はたまた身近な人に、すぐ感情移入してしまい自分と言う人間が不透明になることがしばしばあります。
 
何を言っているんだ??と思われそうですよね。笑
 
例えば職場で怒っている人がいて、わたしに対してではなくてもその人の怒りに感情が揺さぶられてしまいます。
 
HSPでない人はきっと「あ、怒ってるわ〜」程度の感情だと思うのですが、HSPなわたしは一人ドキドキして神経の高ぶりを感じてしまいます。相談なんてされた時には一緒になって怒り出してしまう始末。それで今まで何度失敗してきたことか・・・(トホホ・・・)
 
逆に、楽しい気持ちの人がたくさんいる場所では自分もとっても楽しい気持ちになります。
 
負の感情が強い人がとても苦手です。
 

転職理由は人間関係

 
わたしは営業事務をしていることが多いのですが、チームで仕事をすることが苦手なんだなと気付きました。
 
仕事内容自体は好きで楽しいのですが、個々の業務量が気になってしまったり、些細な一言や言い方が気になってしまったりで、仕事以外のことにもアンテナが勝手に反応してしまいます。
 
気にしないようにしようと思っても、どうしても情報が頭の中に入ってきてしまうのです。緊張の糸は常に張りっぱなしです。
 
今まで何度も営業事務として再スタートをきっているのですが、やはり最後は人間関係が嫌になり「退職」を選択しています。
 
 
他人を気にしすぎない脳が欲しい。
 

言うことがコロコロ変わる

 
「感情移入しすぎる」に通ずるものがあるのですが、すぐ他人の意見に流されます。
 
昔から親や友人からも言われていたので、一体自分の考えは何なんだろう、と悩むこともありました。
 
でもこれもHSPの症状だと知って、少し心が軽くなりました。
 
他人の意見に左右されすぎな自分は未だに克服できていません。
 

いつも一人反省会

 
上司から意見を求められたりした後は決まって一人大反省会です。笑
 
しかも脳内では空想の会話が続きます。
 
もっとああ言えばよかった、とか、もっといい事言えたはずだ!と言う感じで堂々巡りの反省会。
 
親しい友人との会話でも、ふと思い出して、「大丈夫だったかな?」と不安になることもあります。
 

気にしすぎ!とよく言われる

 
何事においても、気にしすぎます。
 
今の発言問題なかった?と親しい人には聞けるのですが、少し距離がある人と接したあとは全ての言動を振り返り、失礼がなかったかチェックを始めます。
 
本当に、面倒くさい気質です!涙
 

一人の時間が超重要

 
日々、いろんなことに勝手にアンテナが張ってしまい、いろんな情報や刺激を吸収してしまうので、一人の時間がとても重要です。
 
おかげで週末はほぼ引きこもって部屋の片付けやパソコンに向かっています。
 
その極みが一人海外かもしれません。誰も知らない、言葉の通じない場所がわたしには最高に居心地が良いのです。
 

スポンサーリンク

まとめ

 
一見性格のようにも思うHSP(過敏性症候群)。
 
思いの外この気質の扱いが難しくて、どうしたら生きやすく過ごせるのか日々考えています。
 
最近は刺激を溜め込みすぎないよう、頻繁に深呼吸をしています。
 
これが結構効果的。
 
 
もし同じような症状で少し生きづらいなぁと感じている方がいらっしゃいましたら、まずは意識的に深呼吸で対策してみてはいかがでしょうか。
 
これからもHSPについて感じていることを書き綴っていきます。
 
ゆるく、楽しく、適当に!
 
 

\読んだあとちょっと元気になれる本/

人間関係の断捨離をしてスッキリした話はこちらからどうぞ!
unki up3 768x512【断捨離】捨てまくったら運気が良くなった話〜体験談〜

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です