【モロッコ】女ひとり旅は誘惑がいっぱい!優しいイケメンに気をつけて

ikemen attention 768x512
 
こんにちは、オタマです!
 
25歳の頃、初めて一人で海外旅行に行きました。
 
行き先はモロッコ。
 
初めての海外ひとり旅ということもあり、旅慣れていないわたしはまんまと現地のイケメンに心を奪われてしまいました。
 
いやーもう、イケメンずるい!さりげない優しさずるい!!笑
 
 
そこで今日は、女ひとり旅で気をつけることと、旅先のイケメンに恋した話を書いていきたいと思います。
 
 
まさかこの出会いがきっかけで仕事を辞めてモロッコに住むことになろうとは・・・笑
 

スポンサーリンク

異文化に惑わされるな!

768x512 morocco tea
 
初めて到着した異国の地。飛行機や列車を乗り継いで、かれこれ33時間。
 
到着したその日は、達成感と不安と緊張と疲れで頭がぼーっとしている状態でした。
 
でもホテルでゆっくり休むなんて勿体無い!
 
ということで、疲労感を感じつつも町歩きへ出かけることにしました。
 
 
 
モロッコのマラケシュという観光地は迷路のような街で、初めてだとかなりの確率で迷います。
 
例外なく、わたしもしっかり迷いました。笑
 
ただ、迷っても道を聞けば親切に教えてくれます。おかげで徐々に緊張が解け、旅を楽しめるようになってきました。
 
 
そんな時です。
 
 
店番をしているイケメンのお兄さんに道を尋ねました。彼もまたとても親切に行き方を教えてくれました。
 
イケメンに親切にされることに慣れていないわたしは、道を教えて貰っただけでも脳内花畑なのに、なんと
 
「お茶飲んでく?」と声をかけて貰ったのです!
 
そりゃあもう、「飲みますー」ですよ。

この一連の流れについて、その後住んでみてわかったことなのですが、モロッコでは挨拶がわりに「お茶飲んでく?」が行われます。
 
そう、特別な意味はないのです。文化です。
 
もてなす気持ち&暇だから話そ?&ゆっくりしていきなよ!の意味。
そうとも知らないわたしは、「やばい、これは恋が始まるやつでは!?」とウキウキ・ドキドキ・ワクワク。
 
だって、日本ではなかなかお目にかかれないぐらい彫りの深い顔で、イケメンなんですよ!!!
 
もう、松本潤さんが目の前に現れた感じですよ。
 
そんなイケメンがですよ、親切に道を教えてくれて、お茶まで出してくれるなんて、そりゃあ勘違いしますよ!!!
 
 
普段のOL生活ではまぁ味わえないこの感覚。
 
そして完全にロックオン!到着初日にして恋に落ちました。
 
注意
不安と緊張で判断力が低下します。
これは恋?と思ったら一度冷静になって誰かに相談してみてもいいかもしれません。
第三者から見て「???」と思う恋は結構危険信号かもしれません。
 

なんとなく通じる会話は危険?

 
モロッコの公用語はアラビア語とフランス語です。もちろんわたしは両方とも話せません。
 
ならば何語で会話してたんだ?という話ですが、その時のわたしは中一レベルの英語&ジェスチャー&メモ帳にイラストで会話をしていました。
 
彼は観光地で店番をしていることもあり、少し英語が話せたのでなんとか会話が成立する感じでした。
 
 
この「会話が成立する」という達成感。通じた時の嬉しさが、さらに恋だと錯覚させる要因になっていた気がします。

オタマ 「(言いたいことを必死に説明)」
 
彼 「もしかしてこういうこと?」
 
オタマ 「そー!そー!そー!
この現象のせいで会話をすること自体が特別に感じるようになりました。
 
そして言葉が通じだだけなのに「この人とは気が合う」と思い込んでどんどん好きになってしまったのです。
 
もしこれが日本で日本語なら、会話をすることだけでは恋に落ちない気がします。内容とか、テンポとか、総合して惹かれていく気がします。
 
なのに言葉が通じないイケメンというだけでこんなにも簡単に恋に落ちてしまうとは、旅中いかにテンションが上がりきっているのかが伺えます。苦笑
 
注意
旅での出会いは本当にかけがえのないものですよね。ただし会話が成立したことへの感動と錯覚には要注意
楽しく会話が続けられるコミュ力のある男性は世界共通でモテます。恋に落ちる前に一旦停止できればいいのですが・・・
 

時間制限が恋を加速させる

 
わたしのモロッコ滞在は3日間でした。
 
この3日間限定という制限が恋を加速させていきました。
 
「あと1日しか一緒にいれない・・・」
「日本に帰ったらもう会えないかもしれない・・・」
 
その想いが時間と共に強くなり、あっという間に好きすぎる状態に!
 
もう自分でもビックリ、そんなに簡単にハマるなんて予想外です。
 
 
おかげで数日の滞在期間のほとんどをその彼と過ごし、観光スポットはほぼ観光していません!笑
 
そして最終日の夜、夜カフェに誘われました。女の一人旅とあって夜の外出は控えていたのですが、彼からの誘いを断る理由がありません。
 
彼の仕事終わりに待ち合わせをし、タクシーに乗って彼オススメのお洒落カフェへ。
 
 
ボックス席に横並びで座り、手を繋いでポツリポツリとお喋り。飲み物はコーラとスプライト。(超健全!)
 
時間が迫るもどかしさと、一緒にいれる幸せを噛み締めながら過ごしたことを今でも鮮明に覚えています。
 
 
そしてそろそろ別れの時。連絡先として住所を教えてもらいました。というか、Facebookのアカウントも持っておらず連絡の取りようが無い状態。
 
そんなシチュエーションすら愛おしい。もどかしい感じがたまりません!
 
 
そして恋に追い討ちをかけるようになんと・・・
 
去り際に・・・・・・・・
 
 
xoxoーーーーー/////
 
 
 
そして、単純脳なわたしはこの日から更にイケメン沼にハマりました。
 

注意
滞在日数が限られている状態での恋は非常に危険です。
数日で恋に落ちてしまった場合は、ぜひこのブログを思い出してください!
 
スポンサーリンク

金品を要求されたらアウト

 
日本に帰国してからというもの、わたしの心は彼でいっぱい。来る日も来る日もポストを覗き、その度に落胆する日々でした。
 
そんなある日、なんと待ちに待った手紙が遠く離れたモロッコから届いたのです!
 
さてさて、どんな愛の言葉が書いてあるんでしょワクワク・ドキドキ
 
胸を高鳴らせていざ開封!もう緊張して指が震えます!

親愛なるオタマへ
こんにちは、元気ですか?日本からiPhoneを送って欲しいんだ。
こっちでは仕事があまりなくて困っています。もしiPhoneを送ってくれたらこっちで売って儲けることが出来るんだ。
もちろんお金はちゃんと払います。iPhoneを送ってくれますか?
お返事待っています。
おやおや???iPhoneだと???えーっと、もう一回読んでみようか?
 
んー何度読んでもiPhoneを送れと書いてあるぞ???
 
首を長ーくして待った手紙の内容がまさかのiPhoneを送ってくれだと?
 
 
 
これが旅先のイケメンにまんまとハマった独身アラサーOLの末路です。
 
そしてこの恋は「iPhoneを送ってくれ」という手紙をもって終了しました。
 
 
めでたくないけど、めでたしめでたし。
 
注意
これまで旅先のイケメンに金品を要求されてお金や物をあげた人を何人も見てきました。
騙されて結婚した人にも何人も出会いました。そこに愛があればとても喜ばしいことです。
ただ、お金や体目的で近づいてくる人が多いのも事実です。金品を要求されたら最大級に警戒してください!
 

恋は盲目である

 
ここまで読んでいただいたらお分かりでしょう。
 
そう、恋は盲目です!!!
 
一人旅という緊張感、異国の地というワクワク感、そこで体験するイケメンからの優しい言葉。
 
恋に落ちるには完璧な条件が揃っています。恋に落ちないわけがない!
 
だからこそ声を大にして言いたいのです!
 
 
恋は盲目!
 
 
本当に、優しいイケメンには気をつけて・・・
 
モロッコで騙された人を何人も見てきたから・・・
 
 
でも、それも旅の醍醐味なのかな!?傷つく旅人が一人でも減りますように。
 
それでは、よき旅を!

その後モロッコに住むことになり、彼とは何度かお茶をしました。
騙そうとしていた訳ではなく、本当に単純にiPhoneを求めていたこともその後の会話から理解出来ました。
ただ、いい人だとは思いましたが、なぜあんなにハマってしまったのか今でも謎です。
恋なんてそんなもんでしょうが、だからこそ勢いで突っ走るには危険すぎるなと思いました。
この出会いがきっかけでモロッコのことが大好きになり、住むことになったので結果オーライだと思いたいです!
 
 
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です