【ベトナム】プチ贅沢なハノイの女子旅おすすめスポット


 
こんにちは、オタマです!
 
先日ベトナム旅行に行ってきました。行き先は首都ハノイ
 
1月中旬に行ってきましたが、日本の6月ぐらいの気候だったのでとても快適に過ごすことができました。
 
そして、とにかく人が優しい印象が強かったハノイ。
 
そんな素敵なベトナムの、疲れたアラサーにはもってこいの、ちょっと贅沢な女子旅おすすめスポットを紹介していきたいと思います。
 

スポンサーリンク

ベトナム航空

 
やっぱりここはベトナム航空でしょう!LCCではなくベトナム航空。ちょっと贅沢ですよね。
 
 
個人的にベトナム航空の好きなところは、客室乗務員の制服が可愛いところです。民族衣装のアオザイが制服になっていて機内からベトナムを感じることができます。
 

オタマ

民族衣装が制服って羨ましい〜
 
あともう一つは機内のライティング。なんとレインボーに光が流れるのです!アトラクション感があってとてもわくわくしました。
 
 
機内食は和食と洋食が選べて、わたしが乗った時は和食はすき焼き、洋食はカレー味のペンネでした。洋食を選びましたが、付け合わせのスモークサーモンがすごーく小さくてびっくりしました。(ナタデココみたい!と思いました。でも美味しかった!)カレー味のペンネも美味しかったです。
 
機内の楽しみと言えば映画や音楽という方も多いと思いますが、最新映画が少し古いように感じました。邦画の最新は『君の名は。』と『マザーレイク』。映画に詳しくないのでこれぐらいの情報ですみません。ちなみにわたしは『ホームアゲイン』という映画を観ました。
 
非常に快適な、あっという間の5時間のフライトでした。(LCCで毎回感じる、寒すぎて辛い・・・がなかったです!)
 

Hanoi Daewoo Hotel(ハノイデウーホテル)

 
ホテルはリラックスできる、そこそこ良いところに泊まりたいですよね?アラサーには癒しが必要です。
 
おすすめは5つ星のHanoi Daewoo Hotel(ハノイ デウーホテル)
 
しかもコスパが良くてここのホテルは何と言っても食事が美味しいのです!特に朝のビッフェは超絶オススメ
 
朝からフォーに南国フルーツにフレッシュジュースにと朝のビッフェだけでベトナム大満足気分を味わえます。スタッフも感じがよく、英語も通じるので安心して過ごせます。
 
5つ星ホテルにしてはカジュアルで、ド庶民のわたしでも気兼ねなく滞在できました。(逆を言うと少々リッチ感には欠けます。)
 
ホテルの最上階ラウンジも高級感そこそこで、特にドレスコードもなく入店できます。そしてお店のスタッフもゆるっとしていて、わたしが行った時は大型テレビでサッカー中継を夢中で見ていました。
 
良い具合に気が抜けていて、それでいてこれぐらいのクオリティーなら満足だな、を満たしている丁度いいホテルだと感じました。
 
 

レストラン

NAM PHUONG(ナムフーン)


 
世界のVIP御用達の名店NAM PHUONG(ナムフーン)
 
小泉元総理や安倍総理も来られたそうで、階段には各国の著名人とオーナーが握手を交わす写真がズラリと並んでいました。
 
 
ここの素晴らしいところは民族音楽を聴きながら美味しいベトナム料理を楽しむことができることです。
 
民族楽器で奏でる音楽はとても心地よく、疲れた心がじわーっと癒されました。しかも日本人だとわかると日本の懐かしい曲を演奏してくれ、日本の歌謡曲で有名なものだとリクエストも可能ということです。個人的に癒されたのは自分でもびっくりの『ふるさと』。
(ベトナムで聴く『ふるさと』がすごく心に沁みました!)
 
 
お料理はコースをオーダーしたのですが結論から言うと、美味しいですがコスパはイマイチ。
 
タニシの出汁のスープや川魚のムニエル(?)のようなお料理など、美味しいー!という感じではなく、「ほぉ〜・・・」という感想。
(庶民には難しい味が多かったです。)
 
 
ただ!これがVIPの味わうお料理なのね、と体験でき、いい経験になりました。
 

Nhà Hàng Ngon(ニャーハンゴン)


 
口コミサイトで高評価のNhà Hàng Ngon(ニャーハンゴン)
 
その評価通り、お料理がどれもとても美味しいんです!しかもリーズナブルでお店の雰囲気も良く、女子旅にはぴったりのカジュアルなレストラン。
 
 
特に揚げ春巻きはやみつきになります。生春巻きはミントがアクセントになってとても美味しかったです。その他のお料理もどれも工夫されていて、屋台では味わえない少し小洒落たベトナム料理を食べることができます!
 
客層も外国人が多く、スタッフも外国人慣れしている感じがありました。
 

AMADORA Wellness & Spa(アマドーラ・ウェルネス&スパ)

 
ベトナムで有名な俳優の奥様も利用しているというAMADORA Wellness & Spa(アマドーラ・ウェルネス&スパ)
 
今回は《Full body massage to reduces aches with Amadora styleコース》を受けました。
 
90分コースでお値段1,475,000VND。日本円で約7,000円!安い!!しかもチップも込みなので施術後もあれこれ考える必要がありません。
 
内容は全身、表と裏。リンパを流すようなマッサージで特に痛いと感じることもありませんでした。
 
 
マッサージ師さんの質がとても良く、言葉はまったく通じませんでしたがホスピタリティーに溢れていて、最初から最後までとても丁寧でした。
 
わたしは普段から肩こりがひどいのですが、肩周りのマッサージが特に最高でした。見えているかのようにピンポイントでほぐしてくれ、溜まっていたものがスッとなくなった感覚がありました。他には足のむくみが解消され、夜なのに足が細っそりなっていたのには驚きました!
 
今回のベトナム旅行でリピートしたいNO.1はここ。疲れ切ったアラサー女を心から癒してくれる場所です。
 

スポンサーリンク

お土産屋さん

Indigo Store(インディゴストア)

 
日本でも使える、上質な本物の藍染アイテムを日本より安く買うならIndigo Store(インディゴストア)
 
サパ(Sa Pa)という地方で作られるここの上質な藍染は、実は日本の方が関わっていて、薄れゆく藍染文化を活性化させ山岳民族の文化を今の時代に繋いでいます。
 
藍染は多大な時間と手間のかかる伝統的な手法なのですが、実は近年、その手間からどんどん化学染料に変わってきてしまっているのです。
 
しかしこのインディゴストアでは伝統的な手法を守った、本物の藍染アイテムを買うことができます。小物から洋服、アンティークアクセサリーなど、お洒落で質の良いものが揃ったお店。
 
ちなみにわたしは藍染のクラッチバッグを購入しました。ワンピースやスカート、ストールもとても可愛くて次回ハノイに来た際は記念に買おうかなと思っています。
 

Ajisai(アジサイ)

 
ハノイ大教会すぐのお洒落な土産店Ajisai(アジサイ)
 
おそらく日本語のガイドブックには必ず載っているのではないでしょうか。それほど、日本人に有名なお土産屋さんです。
 
しかも日本人に有名なだけあって、アイテムがどれも日本人好み。クオリティーも良く、失敗しないお土産が買える、と言っていいと思います。
 
わたしもこちらで水牛の角のスプーンとお箸(ベトナムでは有名なお土産)を購入しました。日本で買うと1本1000円弱ぐらいしますが、ベトナムでは300円ほどでした。もっと買えば良かった!
 

水上人形劇


 
ベトナムの文化を観て感じることができる水上人形劇
 
約50分のショーで、短編の物語で構成されています。タイトルコール以外はすべてベトナム語のため、何を言っているのかはまったくわかりませんでしたが、優しい音楽とシュールな人形たちにとても癒されました。
 
旧市街を歩き回って疲れた時にカフェでお茶も良いですが、伝統芸能を嗜むというコースもアリだな、とアラサーになってしみじみ感じました。
 

番外編

道の渡り方


 
インドやモロッコでは車やバイクの流れが途切れた瞬間にサササーっと素早く渡るのですが、ベトナムではゆっくり歩いて渡ります。
 
また、一人で渡るのは危険なため、出来るだけ複数人で渡るためにしばらく待ちます。そして何人か集まって堂々とゆっくり道を渡ります。
 
「赤信号みんなで渡れば恐くない」と同じ感じですね!
 
なぜゆっくり歩くのかというと、車やバイクが「歩いている」と認識できるからだそう。
 
 
その他には、信号無視も多く横断歩道はあまり意味がないので横断歩道だからといって安全という認識は持たないようにしましょう。ちなみにインドでは渡っている途中は絶対に後ろにさがってはいけない、がルール。
 

おすすめ持ち物


 
今回の3泊4日ベトナム旅行に持って行ってよかったものをご紹介いたします!
(基本情報:1月中旬、気温22度、湿度75%、3日間すべて曇り)

  • 綿・麻の大判ストール(麻素材が速乾で重宝します)
  • ビルケンシュトックのサンダル(ウォッシャブル軽量タイプ)
  • 大きめのエコバッグ(スーパーの袋は薄くて破れやすいのであると便利)
  • 汗拭きシート(湿気がすごいのであると快適)
  • ウェットティッシュ(なにかと便利)
  • デイバッグ(両手が空きます)
このビルケンシュトックが歩きやすくて軽くて靴下も履けて洗えてとっても便利でした!

今まで数カ国を旅してきましたが、徐々に厳選されてきた感があります。
 
今回の持ち物MVPはズバリ「ビルケンシュトックのサンダル」でした!ハノイも冬なのでビーサンはちょっとなぁ・・・と思っていたのでとても良かったです。
 

まとめ

 
ベトナムのハノイは人が優しく穏やかで、とっても素敵なところでした。そしてなにより、ベトナム料理が美味しかったです!
 
まだまだ食べていないベトナム料理がたくさんあるのでまた行きたいと思います。
 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です